耐震ベット 防災シェルター 助成金 ウッドラック 新光産業株式会社

貴方に安心の睡眠を 耐震ベット・防災シェルター WOOD LUCK 耐圧荷重約65トン
南関東では今後30年以内にM7程度の大地震が発生する確率が70%以上

東海・南海の大地震はいつ発生しても不思議ではないと言われており、今後30年での発生率は70%以上とも予測されています。
30年で70%といわれてもピンと来ないかもしれませんが、地震以外の災害に遭遇する確率は
「交通事故による死亡」が約0.2%、「交通事故で負傷」が約20%、「火災で負傷する」が約2%です。
そう考えるとこの確率がいかに高く、明日にでも起こってもおかしくないことがよく解ります。

右の地図は内閣府ホームページ-全国地震動予測地図-です。
今後30年以内に発生する地震の震度を予測したもので、緑から赤の地域ほど、揺れの大きな地震が発生する可能性を示しています。
この地図でも解るように、南関東から南海にかけて大きな地震が発生する可能性が高いと予測されています。
明日にも遭遇するかもしれない大地震にどう準備すれば良いのでしょうか?

地震による死者の約9割が建物倒壊等による窒息死

あの大きな被害を出した阪神淡路大震災では、死傷者の約90%以上の死因が家具や家屋の倒壊による窒息死・圧迫死でした。
また負傷者の90%以上も、家具の転倒や、家屋の倒壊によるものでした。

震度5以上の地震になると歩行が困難になり、突然の地震に逃げることもままなりません。
眠っている時に大きな地震が来たら?
家具が倒れて挟まれたら?
家屋が倒壊してしまったら?
心配はつきません。

昭和56年以前に建てられた木造住宅は耐震強度に不安があり、大震災の際は家屋の倒壊等大きな被害が予想されます。 早急な耐震対策が必要です。

耐震診断を受けられることをおすすめします。

阪神大震災が起こった時に、昭和56年以前に建てられた建物に被害が多かったことから、昭和56年以前の旧耐震基準による木造住宅は耐震強度に不安があります。
昭和56年6月に建築基準法が改正されて、耐震基準が強化されましたので、昭和56年5月以前に建築の住宅にお住まいの方は、耐震診断を受けられることをおすすめします。 各市町村で木造住宅の耐震診断士を派遣する事業を行っています。 各市町村の登録を受けている耐震診断士による建物の耐震診断が受けられます。
耐震診断士の派遣費用

耐震診断はどんなことをするの? 【1】住宅の現地調査
  「基礎のひび割れ調査」「軒裏状況調査」「床下状況調査」「接合部の状況」
【2】耐震診断ソフトによる上部構造評点の算出
  上部構造評点=保有耐力(住宅が保有している力)÷必要耐力(大地震に耐えるのに必要な力)
※参考:新潟市建築部建築行政課発行 「安心政令市にいがた すまいの地震対策 〜超高齢社会に備えて〜」

命を守るためには耐震改修を・・だけどお金もかかるし大変!
耐震ベッド・介護用ベッドシェルターは助成の対象になります

●東京都では、ウッドラックが「安価で信頼できる木造住宅の耐震改修工法・装置」として選定されました。
●新潟県長岡市では、耐震ベッド・耐震シェルターの設置に際し市町村から助成制度があります。
※市町村によって設置条件が異なる場合があります。各市町村へご確認ください。

ひのきを使う理由
特徴と構造

  1. 国産良質ひのき材、100mm角の芯持ち材を梁と柱に使用
  2. 天板は30mm厚の杉板
  3. 3.2mmの鋼板を加工し特殊継手に梁と柱を挿入
  4. 組み立てが容易で、施工の標準化
  5. 住環境に合った、寸法設定が可能


下部接続金具と柱・梁との固定 ボルト・ナットで固定
上部接続金具と柱・梁との固定 天井板のはめ込み
ヘッドガードの挿入 フットガードの挿入

WOOD・LUCK製品詳細

WOOD LUCK製品詳細

宮付ヘッドガード ベット床面より約550mm、板厚30mmのひのき材
フットガード ベット床面より約450mm、板厚30mmのひのき材
手すり
(オプション)
WOOD・LUCK専用縦型手すり
径45mm×1,030mm(セミダブル:1,130mm)
木製手すり・自然塗料仕上げ
サイドガード/壁
(オプション)
ベット床面より約450mm、板厚30mmのひのき材
非常用備品収納箱
(オプション)
400×800×H130mm、集成材
カーテン
(オプション)
オーダーメイド
防災仕様のファブリックデザイン

※仕様は事前の予告なしに変更する場合がありますので、ご了承下さい。
WOOD-LUCK専用縦型手すり サイドガード 床下非常用備品収納箱 リビングの寝室(オーダーメイド)
お問い合わせ